物体検知システム×AI-OCRで
非定型フォーマットも認識。

Sigfoss AI-OCR

お問い合わせ

OCRで読み取っても、
そこからコピペ・・・

スキャン画像が曲がっていたり、
FAXの文字がかすれていると
読み取りミスが頻発・・・

結局手作業が必須で
工数が減らない!

「OCRなんて使えない・・・」
そう、思っていませんか?

SigfossのAI-OCRは違います!

文字を読み取るだけでなく、先進のAIの力で項目を認識。
そのままエクセルデータとして出力したり、
RPAと連携して経理システムへの自動連携を可能にします。

3つの特徴

  • 01

    人工知能が非定型フォーマットを正確に読み取り

  • 02

    機械学習システムが新しいフォントもフォーマットもどんどん学習

  • 03

    歪んだ画像やかすれた文字も一発補正して読み取り

導入効果/作業比較

手作業・従来OCR

手作業時間がかかる上にミスも多発

従来OCR帳票ごとの定義作業に時間がかかる!

Sigfoss AI-OCR

AI-OCR自動で帳票構造を読み取るので帳票定義の必要がなく作業効率アップ、人的負担が解消!

従来の作業にかかっていた時間·手間が大幅に削減されます!

01
人工知能による正確な読み取り技術

OCRで読み取った文字を手作業で帳票にまとめるのでは作業量は減りません。
Sigfossは自動運転システムの開発で培った先進の物体検知システムを応用し、
非定型フォーマットを自動的に認識します。
認識結果はExcel, CSV等の形式で出力が可能です。
また、RPAと連携して経理システムへの自動取り込みも可能です。

従来

1つのセルに全ての情報が入ってしまう

Sigfoss AI-OCR

読み取った文字列を分析し、項目ごとにデータ化

02
機械学習システム

従来のOCRでの項目認識のためには、帳票ごとに手作業での定義が必要です。
発注書、請求書、レシート。。。細かな違いごとに項目を設定管理するのは大変な労力です。
Sigfoss AI – OCRは機械学習でフォーマットを学びます。
最低限の設定をするだけで必要な項目を即座に読み取り、システムへの入力が完了します。
作業効率は格段にアップします。

03
歪んだ画像やかすれた文字を補正し読み取り

Sigfossは画像処理のエキスパートです。
AIに加え、産業用ロボットの眼としても採用された画像処理技術で、
歪んだ画像の補正やノイズの除去を高精度で行うことができます。
これによりスキャンした画像が曲がっていたり、
文字がかすれていても読み取りが可能です。

スキャンデータ

補正後

読み取りサンプル

読み取りたい箇所のみのデータ抽出が可能

  • 請求書
  • レシート
  • ガス検針票
  • 通帳

スキャンデータ

読み取り後

フォーマットが違う請求書でもキーワードを指定することで関連するデータを抽出することができます。

スキャンデータ

読み取り後

フォーマットが違う請求書でもキーワードを指定することで関連するデータを抽出することができます。

スキャンデータ

読み取り後

フォーマットが違う請求書でもキーワードを指定することで関連するデータを抽出することができます。

スキャンデータ

読み取り後

フォーマットが違う請求書でもキーワードを指定することで関連するデータを抽出することができます。

認識精度の向上に「文脈」や「知識」を利用します

従来OCR

100,000 ⇒ l00,000 いつも間違える!

※数字を英字「l」と誤認識

Sigfoss AI-OCR

文字列のテキスト化に文脈を利用し、数字やアルファベットなど正しい種別を選択します。また、データベースと付き合わせて間違いを補正します。

他にも

  • 発注書

  • 見積書

  • 領収書

  • 名刺

  • 保険証券

その他、従来非定型の読み取りが難しいとされてきた帳票類の、高精度な読み取りが可能です。

Sigfoss AI-OCR 利用イメージ

ご契約/導入までの流れ

  • お問い合わせ

    メールまたは電話にてお問い合わせ下さい。

  • 実証検証

    お客様の読み取りたい帳票サンプルをご提出いただき、実証実験をします。結果·目的達成を踏まえたソリューションの提案、お見積書を提出します。

  • システム構築

    貴社環境や条件などの導入要件に従い、システム構築を行います。また、貴社専用帳票の追加学習も行います。

  • サービス利用開始

    性能向上を目的とした AI-OCR の保守·運用を行います。